快適生活!とある暮しの舞台裏(仮)

日々の生活を快適にするため商品やサービスの裏側を探る!

ヤマト運輸の年末アルバイト時給2,000円は幻想なのか?

 

ヤマト運輸の年末時給2,000円について

日経新聞Twitterなどで「ヤマト運輸、年末の時給2,000円」と取り上げられていたから、いよいよ日本の労働者も給料が上がり始めたか?と期待して記事を読んだら・・・

 

どうも時給が2,000円になるのは宅急便の配達ドライバーの場合で、しかも運転手が集まりにくいといわれる神奈川県の一部地域限定。

 

調べてみると荷物の仕分けや倉庫作業なんかはフォークリフトの免許を持っていても年末の繁忙期に時給1,000円とか大した金額ではなかった。

 

2017年 ヤマト運輸、年末のアルバイト時給を調べてみた

タウンワークやフロムエーの求人票を見てみても、11月下旬から12月末までの時給は、荷物の仕分けで時給850円から1,200円(深夜)程度。

中には深夜で時給1,400円や皆勤手当で5,000円が付く営業所もあったが、12月のくそ忙しい時期のアルバイトにしてはそこまで良い時給とは思えなかった。

f:id:sim-point:20171114212151j:plain

 ※人手不足と言われる物流業界大手の時給でもこの程度である

 

 郵便局の年末アルバイトの時給

2017年、日本郵政のアルバイト採用情報では、東京都内の郵便局の年賀状仕分けスタッフで時給960円~980円。

ハガキなどの郵便物やゆうパックの配達員で時給1,100円程度。

 

 東京都内の最低賃金が958円(※2017年10月1日より)だから、年賀状の仕分けスタッフは最低賃金とほぼ変わらない金額で募集されている訳である。

 

日本郵政はオーストラリアの物流会社を6,000億円(2017年4月に4,000億円の減損処理をしたので現在の資産価値は2,000億円程度)という無駄に高い金額で買収したが、日本の仕分けアルバイトには最低賃金から+2円の価値しかないと見ているようである。

 

 

 企業の現預金はこの5年で48兆円増の211兆円。株主への配当金は7兆円増の約20兆円に増えたが、労働者の給料(人件費)はこの5年で2兆円しか増えていない。

 

 また、この2兆円の部分も消費税の増税や物価の上昇でほぼ相殺、下手したら実質賃金ベースで消費者の使えるお金に関しては5年前より減ってるのでは?と思うくらい、給料は全く増えてないのである。

 

企業が儲かれば労働者に還元されるトリクルダウンなんてもはや幻想。

 

アベノミクスが始まった当初からこうなることは予期してたけど、普通に働いてるだけじゃ一般人には全然お金が降りてこないね。

 

日本では2020年の東京オリンピックをピークにまた、下り坂を転げ落ちると言われているが、個人はそれを見据えて働いていくしかない。

 

政府は正社員にも副業を認めるよう働きかけているが、その裏にある思惑というのを、労働者は考えて生きていかねばならない。

 

 

 

 

ニコニコ動画が衰退(オワコン化)した理由を考える

 

ニコニコ動画の衰退が止まらない

ニコニコ動画の有料会員(月額540円)であるプレミアム会員数が2016年9月の256万人をピークに2017年9月は228万人と、この1年間で約28万人も減少しています。

 

プレミアム会員数

16年03月:256万人 
16年06月:256万人
16年09月:256万人 ←ピーク
16年12月:252万人(-4万人)
17年03月:243万人(-9万人)
17年06月:236万人(-7万人)

17年09月:228万人(-8万人)

 

 ニコニコ動画は2007年1月15日の正式サービス開始以来ずっと右肩上がりでプレミアム会員数が増加傾向にあったのだが、2016年12月にプレミアム会員数が-4万人と初めて減少に転じたあとは、その後も止まることなく現在(※2017年9月時点)まで会員数が減り続けています。

 

 

ニコニコ動画ではプレミアム会員数だけでなく「投稿動画数」「再生数」「コメント数」も近年減少傾向である。

f:id:sim-point:20171110203258j:plain

 

 

 

 ニコニコ動画が衰退した4つの理由

YouTubeの台頭

・コメント数の減少

・多様性の減少

・人気実況者のYouTubeへの流出

 

YouTubeの台頭

ニコニコ動画衰退の原因としてまず思い浮かぶのがYouTubeの台頭です。

 

ニコニコ動画にはコメントが表示されるという独自性と、YouTubeに投稿される動画は主に海外向けのコンテンツが多かったので、一時期はきちんと住み分けが出来ていた気がするのだが・・・

 

ヒカキンがYouTuberとしてメディアでも注目され始めた2013年~2014年頃を境に、日本でもYouTubeを観る人が多くなり、最近では「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」などの人気もあって、特に20代以下の層ではニコニコ動画よりもYouTubeを観ている人の方が多いというデータもあります。

 

 

人気があるサービスには必然的に面白いコンテンツやセンスのある動画投稿者が集まりやすく、 それが更にユーザー(視聴者)を呼ぶ好循環が生まれやすく

 

逆に、廃れていくサービスというのは面白いコンテンツ(動画)が減る→利用ユーザーの減少→動画投稿者の減少→以下ループの悪循環に陥り、まさに今のニコニコ動画がこの状態(悪循環)に突入し始めているように私は感じます。

 

 

■大幅なコメント数の減少

2008年 967,974,718
2009年 575,309,322
2010年 616,297,920
2011年 581,933,000
2012年 481,696,372
2013年 341,239,161
2014年 305,483,167
2015年 313,251,294
2016年 250,661,566

2017年10月25日まで 166,232,569

 

ニコニコ動画では2008年のピーク時に、年間で約9億6,000万ものコメント数があったが、それが2016年には約2億5,000万コメントまで減少。

そして2017年は総コメント数が2億を割る可能性まででてきた。

 

 総コメント数が減った原因については、2008年~2010年頃まで比較的ニコニコ動画にパソコンユーザーが多かったのに対し、2011年以降はスマートフォンニンテンドー3DSなどの台頭で、キーボードで文字を打つ文化の衰退・消失(スマホでコメントを打つのは面倒くさい)が考えられるが・・・、それにしても減り過ぎである。

 

 

コメント数の減少は「コメント付きで動画を観る楽しさ」「実況chのライブ感」「補足説明コメントの面白さ」など、ニコニコ独自の良さ(武器)を削ぐ形になっており、この点もユーザーのニコ動画離れを加速させています。

 

 

多様性の減少

2015年頃に起こったマリオメーカー問題」を覚えているだろうか?

 

任天堂のクリエイター奨励プログラムの開始とともに、マリオメーカーの動画ばかりがランキングを独占し、動画の多様性が失われた事件。

 

クリエイター奨励プログラムによって動画投稿者に利益を還元すること自体は素晴らしい仕組みなのだが、人気や再生数を稼ごうと思ったら、今話題のゲーム、人気のジャンルに動画投稿が偏ってしまう弊害がどうしても起こってしまう。

 

YouTubeでもヒカキンの動画が流行ったら、ヒカキンの動画編集をまねて、みんな似たような企画や動画しか投稿しなくなってしまう。それによる多様性の消失はユーザーの「飽き」を加速させ、ニコニコ動画全体の衰退につながってしまう。

 

 マリオメーカー問題自体はデモンズソウルやダークソウルの実況で有名な「ふぅ」の問題提起により一応の収束を見せたが、今思えばこの時からニコニコ動画の衰退は始まっていたのかもしれない。

 

 

 人気実況者のYouTubeへの流出

ニコニコ動画衰退の要因として最近感じるのが「人気実況者のYouTube流出」です。

 

2017年に入ってからレトルト、キヨ、ガッチマンなど、2008年~2009年のニコニコ黎明期から動画を投稿し、ニコニコ動画の人気を支えてきたゲーム実況者たちが軒並みYouTubeへ移籍してしまったのである。

 

これらの実況者はYouTubeでは毎日動画を投稿しているのに対し、今年はニコニコ動画での投稿活動を殆どしなくなってしまった。そして、彼ら人気実況者がいなくなった時期とニコニコ動画のプレミアム会員が急激に減少した時期が符合する。

 

 

私自身、2017年に入ってからニコニコ動画を視聴する機会の減少、ニコ動を利用したとしてもマイリストに登録した過去の動画を見直す時間の方が長くなった気がします。

 

 かつて「初音ミク」や「ボカロ曲」「東方」「ゲーム実況」「歌ってみた」など様々な流行や独自のコミュニティを産み出してきたニコニコ動画

 2017年にはニコニコ動画正式サービス開始からちょうど10年が経過しましたが、この先さらに10年サービスが続くよう、ニコニコ動画運営には頑張って欲しいものです。

 

 

 

 

【グラガ・グラガ討伐戦】約9年ぶり!完全新作MH:W(モンスターハンター:ワールド)登場!

f:id:sim-point:20170712170225p:plain

2017年6月13日に北アメリカで行われた 「E3 2017」にて、「モンスターハンター:ワールド(MHW)」の発売が発表されました。

 

日本ではプレイステーション4専用の独占タイトルになる予定で、海外ではXbox One、PC版もリリース

 

MHWの発売は2018年初頭を予定

 

次世代ゲーム機用に制作された今作は、グラフィックだけでなくモンスターの行動AIも強化。間違いなく過去最高のモンハンになるといわれ、長らく据え置き機でのモンスターハンター作品を待ち望んでいたユーザーにとっては待望の1本となります。

 

 

プレイステーション4専用ソフト『モンスターハンター:ワールド』

CAPCOM公式サイト

www.capcom.co.jp

 

冷遇され続けた据置きゲームユーザー

MHWがPS4で発売となると、据え置きゲーム機向けの完全タイトルとしては2009年にWiiで発売されたモンスターハンター3(トライ)以来約9年ぶり。

(当時MH3を遊ぶ為だけにWii本体を2万5,000円で購入したのが懐かしい・・・)

 

CAPCOMのMHシリーズはPSPモンスターハンターポータブル 2ndの大ヒット以降、PSPニンテンドー3DSと携帯ゲーム機向けのソフトが主流に。

2015年11月28日に発売された「モンスターハンター クロス(MHX)」に至っては販売本数が420万本超えと、CAPCOMの経営を支える大人気タイトルとなっています。

 

 

 その一方で据え置きゲーム機向けのモンハンは2009年の「MH3」以降 、モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver(PS3/2011年)、モンスターハンター 3G HD Ver(Wii U/2011年)、モンスターハンターフロンティアZ(PS4/2016年)と移植作品ばかり。

 

売れてるゲーム機でソフトを出すのは商売の基本なのですが、PS2の初代モンハンからMHシリーズを遊んでいるファンにとっては、不遇の時代が続きました。

 

 

 次世代機では高グラフィックでモンハンが遊びたい!

画質龍グラガ・グラガと言われようが、モンスターハンターは大画面の高画質テレビでプレイしたい。

 

 

今のモンハンシリーズはグラフィックの解像度は高いのですが、テクスチャは正直PS2レベル

f:id:sim-point:20170712191126j:plain※参考画像 PS4モンスターハンターフロンティアZ(MHFZ)

 

 

プレイステーション4Xbox Oneなどの第8世代ゲーム機では『Horizon Zero Dawn』や『アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝』『The Last of Us』など、圧倒的に海外スタジオ制作のゲームソフトの方が技術レベルが高い。

f:id:sim-point:20170712193715j:plain

 

 

sim-point.hatenablog.com

 

国産のゲームソフトでもスクウェア・エニックスの『FF15』やフロムソフトウェアの『ダークソウル3』などグラフィックが綺麗なゲームもあるのですが、最近の洋ゲーと比較するとグラの凄さで驚くこともなくなりました。

 

 

 ゲームの面白さを決定づける要因はグラフィックの美しさだけではないのですが、 総合的に完成度の高いゲームを消費者は求めている。モンスターハンターのグラフィックもそろそろ次のレベルへ到達してほしいものです。

 

「原点回帰」の新生モンスター:ワールドに期待

 CAPCOMの開発陣が言うには今度のMHWは「原点回帰」

 

現在主流のど派手なアクション主体の狩りから、初代モンハンをリスペクトしたある意味、本来の狩りゲーへと戻るらしいです。

(草むらに隠れてモンスターの行動を観察したり、マップに配置されている仕掛けを利用してモンスターを攻撃したり、モンスターの生態をより強く感じられる作りになっている。)

 

 

最近のモンスターはジェット機のように空を飛んだり(バルファルク)、デカい機械を操ったり(アトラルカ)、ファンタジー要素が強すぎて本来のモンスターハンターではない。

 

MH2(2006年)で古龍種(クシャルダオラ)が登場したときも、だいぶ批判が出たのですが、今のモンハンはそれを通り越してぶっ飛んでいる。

それはそれで方向性としてはありなのですが、初代モンハンからのプレイヤーとしてはもっと硬派なモンハンが遊びたい。

 

そんな据え置き機からの古参ファンにとってモンスターハンター:ワールドは渾身の期待作!こんなに発売日が楽しみなモンハンはWiiMH3以来なので俄然期待が高まります。

 

 

sim-point.hatenablog.com