読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

快適生活!とある暮しの舞台裏(仮)

日々の生活を快適にするため商品やサービスの裏側を探る!

ポケモンGOトレーナーの年収は2400万円?ポケGOバブル!ポケノミクスの行方とは?

ポケモンGO アプリ ゲーム

お題「ポケモンGO」

f:id:sim-point:20160727142740j:plain

 

7月22日にポケモンGOが日本でも正式にリリースされ、週末は深夜にも関わらず公園に300~2000人規模でポケGOトレーナーが集まるなど、前評判通りに大ヒットとなったポケモンGO

歩きスマホの助長や深夜に住宅地周辺のポケスポットへの徘徊など一部で社会問題化していますが、社会現象規模の流行には何かとトラブルはつきものです。  

中にはポケモンGOのアカウント売買で収益を得るポケモンGOトレーナーまで現れ、ゲーム世界の職業がリアル現実世界にまで浸食してきています。  

 

ポケモンGOトレーナーの平均収入は?

※今回の記事のネタの引用元

→「真のポケモンマスターになるため女教師が退職」ロケットニュース24 http://rocketnews24.com/2016/07/27/779752/  

引用元の記事によると、世界で一大旋風を巻き起こしている『ポケモンGO』。 もはや社会現象と言っていいほど爆発的ヒットを記録しており、その勢いはとどまることを知らない。配信が始まった日本でも、各地で大フィーバー。  先週末、時間が許す限りポケモンを探していた人も多いことだろう。   そんな『ポケモンGO』の人気が加速する一方で、歩きスマホをはじめとする事件が問題視されているが、海外からさらに信じられないようなニュースが飛び込んできた。 なんと真のポケモンマスターになるため、仕事を辞めてしまった教師がいるという。

  イギリスのロンドンで教師を務めていた彼女は、「ポケモンGO」やりたさに月給2000ポンド(約28万円)の仕事(教師)を辞めてポケモンGOトレーナーに転職。

1日に約18時間ポケモンGOをプレイしてレアポケモンを捕まえて育成したり、レベル上げしたアカウントを「eBay」などのネットオークションで販売して収益を得ているそうです。

 

ポケモンGOトレーナーの1日の収益額

ポケモンGOのアカウントはレベル20のもので1000ポンド(約14万)、レベル15で100~200ポンド(約1~3万円)で取引されているそうで

日本のYahoo!オークションでもカイリューなどのレアリティの高いポケモンを複数所持している高レベルのアカウントが約15~20万円の値段で取引されています。(※2016年7月25日時点での取引価格)

 

取引が成立すれば日本でのポケモンGO配信からわずか3日ほどの育成で1アカウントにつき約20万円の収益。

 

イギリス人女性教師の例を参考にすれば、1日18時間の労働×3日間で15~20万円の収益。

・日給約5~6万5千円

・時給換算で約2800~3600円

・30日間みっちり働けば月収150~200万円を夢じゃない!!  

 

ポケモンGOトレーナーの年収は2400万円!

年収数千万円を稼ぎだすトップクラスのニコニコゲーム実況者や、年収億単位のヒカキンやマックスむらい氏と比較すると少ないですが、月収200万円以上稼げれば一般のポケモンGOトレーナーでも年収2400万円以上稼ぐことができます。

 

法人を設立していなければポケモンGOトレーナーは自営業扱いなので、税金でがっぽりと取られちゃいますけど、ポケモントレーナーのサトシ(スーパーマサラ人)同様に小学生でもポケモンマスターとして生活することができるかもしれません。

 

 ちなみにアニメ版ポケットモンスターは来年の4月1日に放送20周年を迎えます。

※アニメ版ポケモンの放送開始日は1997年の4月1日

 

ピカチュウを相棒にマサラタウンを旅立った当時10歳(最終学歴小学生)だったサトシも、いまや三十路。

オーキド博士の孫であるライバルのシゲルは、すでにポケモントレーナーを引退しているのに、約20年間ポケモンマスターを目指しているサトシ。

旅の途中の生活費はどうしているのか気になっていましたが、捕まえたポケモンの転売で意外と稼いでいるのかもしれませんね。

 

  ■注意事項

ポケモンGOのアカウントは交換や転売が禁止されています。

※7月27日時点でポケモンGOアカウントの価格は値崩れしており安くなっています。(ポケGOバブル崩壊

※本ブログはネタ記事なので本気にしてはいけません。    

 

 

全世界でポケモンGO大ヒット!?任天堂の株価上昇、3日間で時価総額が約1兆円増える

ポケモンGO 株価 任天堂

f:id:sim-point:20160713060448j:plain

日本時間の7月7日、七夕の日にアメリカで先行配信されたポケモンGO

www.pokemon.co.jp

 何でもGPS機能を使用したスマートフォン向けのアプリゲームで、カメラを通して街中や自然溢れる公園など、現実世界とリンクした場所にいるポケモンを見つけて捕まえるゲームだそうで

f:id:sim-point:20160713061202j:plain

f:id:sim-point:20160713061218j:plain

先行配信されているアメリカではかなり流行っている模様。

その盛況ぶりを受けてか、ポケモンGOが配信されてからの任天堂の株価は急上昇。

3営業日で約8000円の株価上昇。

時価総額にして約1兆円くらい株価が増えました。

 

凄まじいまでのポケモンコンテンツの強さ、日本でも配信されたら爆発的にヒットしそうな予感が漂っていますが

WiiUの失敗で最近業績が低迷していた任天堂の起死回生の一発とポケモンGOはなるのか?

 

2005~2007年頃に ニンテンドーDSが大ヒットして株価が7万円を超えた時のように、株価でGO!できるのか?

これからの任天堂の値動きに大注目です。

 

ポケモンGOの日本での配信日はいつ?

噂では今週中(7月17日)までにリリースされるとの話ですが、アメリカでは急激に大ヒットした影響でダウンロードサーバーが一時ダウンするなど配信の調整に手間取っています。

 

今後の調整次第では配信日が延期なんてことも、ありえるかもしれません。

追記:ポケモンGOが日本でもついに配信!

2016年7月22日(金)午前11時頃からiOSandroidスマートフォン向けにポケモンGOの配信を開始!

世界で先行配信され大人気のポケモンGO、日本での人気はどうなるのか?楽しみです。

 

 

【保険業法はザル法律】保険業界から批判、au携帯電話と保険のセット割り提供中止へ

KDDIが今年の4月からauの携帯電話契約と生命保険、損害保険、住宅ローンをセットにすることで毎月200円の割引きが受けられる「auのほけん・ローン」のうち

auの生命ほけん」に関して割引が保険業法に抵触している可能性があるということで、その保険の販売を終了する方向で調整しているようです。

 

保険業法では特定の契約者に対して特別な利益を提供することが禁じられてる

読売新聞の記事によると

KDDI(au)は、auの携帯電話利用者が生命保険を契約すれば、通信料から毎月200円を割り引く「セット割」を11月末にやめると発表した。

12月以降は保険契約者に毎月200円を還付する方式に改める。生保業界から「セット割は特定の契約者への優遇を禁じた保険業法に抵触する」との批判があったためだ。

 KDDIは「auの生命ほけん」として、出資先のライフネット生命保険の商品を販売していた。現行の保険契約者についても、200円を還付する形に切り替えるという。KDDIはセット割を通じ、携帯電話の契約者を長期的に囲い込む狙いがあった。

 

 またこの記事の面白い部分は「200円の割引きは駄目だけど、200円の還付はOK」だって

 割引きも還付も似たようなものに思えますが、これが通用するなら保険業法なんてとんだザル法律ですね~。

 こんなの解釈次第でいくらでも抜け道が用意できるじゃないですか?

 

還付が禁止されたら次は「ポイント付与」という形に切り替えれば問題ない。こんないたちごっこの議論に無駄な時間を使うくらいならいっそ規制緩和をすればいい

法律を無駄に作るふりをして仕事をした気になる、非効率なお役所仕事。利権を預かる連中にはおいしい仕事~。