読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

快適生活!とある暮しの舞台裏(仮)

日々の生活を快適にするため商品やサービスの裏側を探る!

一時期ニコニコ動画で話題になった「マリオメーカー問題」はどうなったのか?

f:id:sim-point:20160321225717j:plain

しばらく忘れていたのですが半年くらい前(※2015年9月頃)にニコニコ動画内で話題になった「マリオメーカー」関連の動画がランキングを独占する問題。

 

あれからいくらかの歳月が過ぎ、ニコニコ動画も平常運転にもどったように見えますが、例の問題提議の影響なのか?それとも単にマリオメーカーに飽きただけなのか?

今日はふとこの問題について思い出したのでブログにしてみます。

 

マリオメーカー問題について

マリオメーカー問題について知らない人や、忘却の彼方へ忘れ去ってしまっている人のためにおさらい。

■そもそもマリオメーカー問題とは?

マリオメーカー問題(別名 ゲーム実況ランキング制圧騒動)

この問題の始まりは2015年9月10日に任天堂からWiiU用のゲームソフトとして「マリオメーカー」が発売されたことに端を発します。

 

■問題の概要

ニコニコ動画では動画の視聴数や人気に応じてお金が支払われる仕組み(クリエイター奨励プログラム)が採用されており、

お金稼ぎのため特定のゲームソフトが動画ランキングの上位をほぼ埋め尽くされてしまった事に端を発する事件です。

任天堂の『スーパーマリオメーカー』は、クリエイター奨励プログラムで利用可能なタイトルであり、2015年9月10日に発売されて以降、同作品を利用した動画がランキング上位の多くを占めた(マリオメーカー問題)

f:id:sim-point:20160321232144j:plain


2015年9月13日カテゴリ合算 総合ランキング(デイリー)
(発売3日後、100位以内の22本、20位以内の11本の動画がマリオメーカー関連のものとなった)

これに対して一部の利用者から問題提起をする動きが出て、騒動となった。

 

■某有名人気ゲーム実況者ダクソ芸人ことふぅ氏の問題提起

 「マリオメーカー問題」という単語は某有名人気ゲーム実況者の動画から生まれたと記憶しています。

 

マリオメーカーにたった1人で挑んだ実況者のラジオ】

 マリオメーカーにたった1人で挑んだ実況者のラジオ ‐ ニコニコ動画:GINZA

 内容を要約するとこんな感じ

・同じゲームの動画ばかりがランキングを独占してしまうと、ユーザーが飽きてしまいニコニコ動画自体の衰退につながる可能性がある。

・他にいくら面白い実況動画があっても、気づかれずに終わってしまう。

・有名実況者の後追いや、劣化コピー動画が乱立する。

・過去にもマリオカートスプラトゥーンなど任天堂に限らず、クリエイター奨励プログラムに対応した特定のゲームソフトがランキングを独占し続け、今後もその傾向が継続する恐れがある。

・そうすると他のマイナーなゲームや個性豊かで面白いゲーム系動画が衰退してしまう。

・ある意味、懐古厨的な考えになってしまうが古き良き時代のニコニコ動画が廃れていってしまう。

・特定の動画がランキングを独占してしまうと、不満に思うユーザーも増えてしまう。

ニコニコ動画youtube

 

このマリオメーカー問題を始め、ここ最近の人気実況者のゲーム動画がランキング上位を独占するニコニコ動画の傾向自体に、警鐘を鳴らしているとも言えます。

 

現在のニコニコ動画の状況

こんな感じで一時期話題になった「マリオメーカー問題」ですが、現在(2016年3月21日月祝日)のニコニコ動画の状況はというと。

 

f:id:sim-point:20160321234630j:plain

 ちょうど「最終兵器俺達」の【実況】みんなで激闘!マリオメーカー大戦【Part31】がランキングに載っていたのを見て

マリオメーカー問題を思い出したのですが

最近ではマリオメーカー関連の動画がランキングに載ることは少なくなっているような気がします。

ゲームカテゴリーに注目してみてもランキング100位以内にマリオメーカーの動画は2つのみ。まだスプラトゥーン関連の動画の方が多く見かける気がします。

 

ニコニコ動画の歴史、流行の系譜

2016年12月にはニコニコ動画が誕生して10周年を迎えます。

過去にもニコニコ動画内では東方系の動画が流行ったり、マインクラフト関連の動画がランキングを独占したりと

昔から似たような流れはあったと思います。

 

ただ「マリオメーカー問題」がこれまでの流行と違ったのは

■お金儲けのために特定のゲームソフトの似たような動画が乱立した。

YouTubeと同じやり方の動画がニコ動に侵食しはじめた。

という点にあると思います。

 

ニコニコ動画YouTubeは近い時期にサービスの提供が開始され、似たような動画共有サイトとして誕生したのですが

この10年間の歩みの中でニコニコ動画YouTubeとは違った、ある種の独自の文化を確立してきたと思います。

 

今回の騒動では、動画でのお金儲けを嫌う嫌儲厨だけではなく

私みたいに、こういったニコニコ動画YouTube化を嫌ったユーザーも少なからずいたと思います。

 

せっかくニコニコ動画特有のふいんきなぜか変換できない

独自の文化、コンテンツみたいなものが出来上がっているのにYouTubeと同じようになってもつまらないです。

流行というのは時の流れと共に変化し、大きいものに巻かれて衰退するのもまた文化ではありますが

古き良き時代のニコ動を知る懐古厨としては、ニコニコ動画独自の文化や雰囲気は継承し続けてほしいところです。

 

終わり